照明を考える | 照明器具などに拘る【部屋全体をお洒落に決める】
Furniture shop

照明を考える

照明は室内でとても重要なポイントです。照明によって室内のイメージが変わってくるだけでなく、居心地も変わってしまうことがあります。例えば同じ照明でも寒色系か暖色系かによっても印象が随分と異なってきます。例えば寒色系は気持ちを落ち着かせる効果があり、時間の流れがゆっくり感じるといいます。暖色はものの血色をよく見せる効果があり、時間の流れを早く感じさせる効果があります。そのために飲食店では料理をおいしく見せ、回転率を上げるために暖色系の照明を利用することが多いです。部屋をどのように利用するかで選んだ方が良い照明は異なってくるのです。寝室等ゆったりしたい場所では寒色系、家族の団らんの場所では暖色系など照明を使い分けても良いかもしれません。

照明を選ぶ際には、照明の色だけでなくそのものの性能も確認する必要があります。LEDの照明は寿命がとても長く、経済的にとても効率的です。照明で大変な点は電球や蛍光灯の取り換えですが、LEDを利用することによって、取り換えの回数を減らすことができます。明るさも安定しているため、気持ちよく室内で過ごすことができます。初めてLEDの照明が登場した時は価格が高かったものの、最近では段々と手に取りやすい価格のものが増えてきました。LED照明の種類も数が豊富になってきているため、お気に入りの照明が見つかるでしょう。LEDに変更しようと考えている場合には、LEDに対応している照明器具を事前に用意しておくことも大事です。

Copyright © 2015 照明器具などに拘る【部屋全体をお洒落に決める】 All Rights Reserved.